運動しても痩せないのはなぜ? | 運動ダイエットが失敗する原因

運動をしないと脂肪は落とせないと思っていませんか?実は、筋トレや有酸素運動などの運動をしなくても脂肪は落とすことができます。運動を一切しなくても痩せることはできます。今回は、運動することのリスクや運動ダイエットが失敗する原因についてご紹介します。

■運動しても痩せないのはなぜ?
がんばって運動をしても痩せないのは、単純に「食べ過ぎ」が原因です。運動をしても痩せられない人は、消費するカロリーよりも摂取するカロリーのほうが多いから太ってしまうんです。

毎日ジョギングしている人やスポーツクラブに通っている方の体型を見てもわかるように、ぽっちゃり体型の人はたくさんいます。なぜ運動をしているのにぽっちゃりしているのかというと、単純に食べ過ぎているからです。

プロボクサーの減量などをテレビで見たりして「運動すれば痩せる」とイメージされる方も多いですが、プロのボクサーは、水分と食事を極限まで制限しているから短期間で減量することができているのであって、運動だけで痩せているわけではないんですよね。

プロのスポーツ選手が食事管理をしないと痩せないというのに、一般の素人が運動だけで痩せるのはかなり無理があります。

■運動ダイエットが失敗する原因
運動ダイエットが失敗する大きな原因は、運動をすると食欲が増すためです。30分のジョギングで消費するカロリーは200キロカロリー程度といわれています。1時間ジョギングしても菓子パン1つを食べるだけで1時間の運動量がチャラになってしまうのです。

過激な運動トレーニングをするほど食への欲求も高まるため、運動量を増やすほど運動後に「食べたい」という欲求が増します。運動後の食欲を完全にコントロールすることができれば痩せますが、運動後の食への欲求を我慢し続けるのはかなり大変です。そもそも、食欲を完全に管理することができていれば太ることもありませんしね。

運動が好きで一生続けられるならいいですが、運動嫌いな人がダイエットのために運動をしても、ストレスとなってしまい結局続きません。運動をしなくても痩せることはできるので、運動が嫌いな人は無理して運動をする必要はありません。

■1時間の運動で消費するカロリーはごくわずか
(1時間で消費するカロリー)

・ジョギング  約400キロカロリー
・水泳     約500キロカロリー
・テニス    約400キロカロリー
・自転車こぎ  約200キロカロリー
・ゴルフ打ちっぱなし 約250キロカロリー

菓子パン1個が300~400キロカロリー、アイスが200~300キロカロリー、おにぎりが約200キロカロリー、ビール500ml缶が約200キロカロリー。頑張って1時間運動しても、アイスや菓子パンを食べたらチャラになる考えたら、運動だけで痩せることがどれほど大変か、おわかりになるかと思います。

■「運動しないと脂肪が落ちない」は誤解

「運動しないと脂肪が落ちない」というのはまったくの誤解です。運動をしてもしなくても、エネルギーが足りなくなれば脂肪が分解され、足りないエネルギーの補充に使われ脂肪が燃焼するので、運動をしなくても脂肪は落ちます。

■運動が嫌いな人へ

運動をして筋肉を刺激することで、引き締め効果や脂肪燃焼効果は確かにあります。しかし、運動することでストレスになったり、食欲が増して食べたい欲求を我慢し続けるのはとても辛いダイエットになり挫折しやいです。痩せるためには運動よりも食べる物を変えることのほうが効果が高く、ダイエットが成功しやすいのは明らかなので、運動が嫌いなら無理して運動するよりも食べる物を変えることをおすすめします。

■まとめ

いかがでしたか?今回は運動ダイエットが失敗する原因についてご紹介しました。運動ダイエットによる効果やリスクについて理解することができれば、ジョギングや筋トレよりも食事を管理することのほうが重要だということがご理解いただけたかと思います。運動をしなくても脂肪は落とせます。痩せたい方は運動だけでなく、食べる物について考えてダイエットされることをおすすめします。